意外と知らない?ポートフォリオを作成する意味|Jobs In Tokyo

就職用の作品集

ポートフォリオはただの作品集ではなく、会社に自分の作ったものを見てもらい自分がどう会社に役立つかを判断してもらうものです。最近はネットでポートフォリオ作成用のwebサービスがあるので簡単にポートフォリオを作る事ができます。どんな機能を持っているwebサービスが人気なのでしょうか?

使いやすいポートフォリオ作成webサービスのランキング

no.1

使い方が簡単なポートフォリオ作成webサービス

操作が簡単なものはポートフォリオを初めて作成する人にとって安心です。また、絵画ソフトを使わなくても良いものが多いのもポイントが高いです。作成する時もガイドがついているので、作り方のコツが分からなくても上手にポートフォリオを作成する事が可能です。使いやすさの特に特化しているのでランキングの1位にしました。

no.2

機能がたくさんあるポートフォリオ作成webサービス

ポートフォリオ作成で機能がたくさんあるとより自分の作品を綺麗にまとめたり魅せることができます。たくさん作品を作りたい人向けに作成できるページ数が多い所も人気です。このような人気のwebサービスですが、1位のwebサービスと比べると機能が多い分使いこなせないと意味がないので、ランキングの2位としました。

no.3

ポートフォリオ用のテンプレートが充実しているポートフォリオ作成webサービス

テンプレートが豊富なのでポートフォリオを作る時に利用する事ができます。デザインの配置に困った時にテンプレートがあると作品集として纏まりやすいですが、初めて使用する人はテンプレートに頼りがちになってしまう可能性があるので、1位と2位の理由よりもランキングを下げて3位にしました。

各業界の書類ケース

デザイン

もともと書類を運ぶためのケースを意味するポートフォリオはどんな時に使われている言葉なのでしょうか。一般的にはクリエイティブな仕事をしている人が自分の実績である作品集のイメージがあります。また自分の仕事の実績やセールスポイントなどをアピールするための資料集の意味合いで使われることもあるようです。色々な業界のさまざまなケースで使われるポートフォリオは主に「金融系」「教育系」「クリエイター系」の業界で使われている言葉です。金融系での意味合いは投資家が保有している金融商品や組み合わせの内容を指します。教育系では生徒達個人を評価するための学習過程内容がファイル保存されているものを指します。クリエイティブ系では自分の作品集でこれをもとに自分の実績、力量を判断してもらうための資料となるものです。

実績が自分の証明になる

SKILL

さまざまな業界で使われるポートフォリオという言葉ですが、その意味合いが強く発揮されるのはクリエイティブな業界ではないでしょうか。転職で使われるポートフォリオは企業側に自分を最大限アピールするための資料になります。その中身は自分の作品集や経歴でクリエイターとしての実績や力量を示すものです。クリエイティブな業界では学歴は関係なく重要なのは個人の能力です。具体的にはセンスはもちろんのこと要求された依頼に対して決められた期間内に依頼されたもの以上のものを提供できるかというものです。クリエイター業界内での転職では転職を希望する企業に対していかに自分を魅力的にアピールできるかが鍵になります。

能力を証明するポイント

女性

「求められた以上のものを提供」これはクリエイティブな業界では共通の重要条件です。このような能力が備わっているか履歴書だけでは判断しかねます。そこでポートフォリオが使われるのですが作成する上で大事なポイントがあります。まず自分のクリエイターとしての能力を示すものでまたその中でもオリジナリティーをアピールする要は作品集などです。あとは制作に取り組む時の自分の意気込み、また制作チームを組んだ時にどんな働きができるかです。最後に依頼を受けた仕事に対してどのようなポテンシャルを発揮することができるかなどです。これらを表現するポートフォリオを希望の企業側に提示することで良い結果につながるでしょう。

広告募集中